2018年11月20日

螺層紗 - 刃蟲 のお話

刃蟲.jpg

リリース前に書きたかったんですが、リリース後になってしまいました。

というわけで、先日行われました「APOLLO 09」にて、螺層紗の初シングル「刃蟲」をリリースさせていただきました。
ちなみにまだ買えます。いつでも買えます。よろしくですよ

こちらからどうぞ


というわけで、ここからはシングルの話をさせていただこうかなと。

制作に入ったのは今月第2週あたりです。結構急ピッチで準備しました。
とりあえず前作「イビツスイレン」の流れのモノを作ろうということで動き出しましたが、如何せんもう1年も経つといろいろ忘れるものですねw
結果前作を聞き返して「おぉ、こんな感じだったか」と、自分で作ったのに何しとんねんみたいな感じで制作に入りました。

今回シングルですが2曲入りです。「刃蟲」がタイトルになってますが、どっちも表題曲みたいな感覚です。

サウンドはもう「デスラッシュでいこう」ということで、結構突っ走った2曲が収録されています。
ただ「前作からちょっとでも成長したところを見せたい(聴かせたい)」みたいな気持ちがあり、音作りからガッチリとやりました。

今回2曲とも「ノーマルボイスの明確なサビがある」という曲になりましたが、前作でもそういう曲があり、またやはり人気というか受けが良かったのでそういった形になりました。
まぁずっとデスで通すっていうのも難しいんですよね。歌えるうちは頑張ろうと思います。

それから歌詞。
螺層紗は一応「デス」をやってますが、基本「人が死なないデスメタル」です。
「それってデスメタルとしてどうなの?」っていうのはあるかと思うんですが、個人的に色々な思いがあって、結果的にそれが螺層紗の歌詞になっています。

一応テーマはありますが、基本的に「様々な事象だったり社会的なことを俯瞰して視えたもの」という感じで書いてます。
「人を殺める業もあれば、もっと見えにくい業もありますね」といった気持ちで。
まぁこの先デスな歌詞を書くこともあるかもしれませんが、その時はその時で。

ということで、アナウンスが遅れましたが、是非聞いていただけると嬉しいです!

posted by shimtone at 23:56| Comment(0) | 音楽制作のお話

2018年11月08日

改名しました

どうも、Tomoki改めshimtoneです。

この度改名をいたしました。
shimtone=シムトーン と読みます。
いや、なんだか突然のご報告になってしまい申し訳ないです。

改名の理由ですが、音楽をやられている方の中には「Tomoki」さんがたくさんいらっしゃいます。
そういった方々と被るのは申し訳ないですし、私もそこはしっかりと分けられたいと。

楽曲素材投稿から1年が経過しましたし、いい機会かなと思い、改名させていただきました。
正直私もまだ不慣れです。不慣れというか、まだ違和感はありますが(笑)

というわけで、これから段々とshimtoneという名前を広げていきたいと頑張ってまいります。
今後共何卒よろしくお願いいたします。
posted by shimtone at 21:40| Comment(0) | お知らせ

2018年10月31日

M3-2018秋お疲れ様でした & 参加作品の楽曲について

M3-2018秋、参加された皆様お疲れ様でした。
私ですか?...仕事でした...



さて、今回のイベントでは、アリスソフトアレンジCD「GAMEOVERU」に2曲参加させていただきました。
とても好評だそうで、嬉しい限りです!今後委託も始まるみたいですので、会場に来られなかった方、遠方の方などは是非ご利用ください。

では、簡単に自分の楽曲に関して書かせていただこうかと思います。
(私の楽曲は「Disc Other」に収録されています。共に「夜が来る!」からのアレンジです)

●新月陰囃子
多分ゲーム中で最も耳にするであろう通常戦闘曲。ピアノが物凄くキレイでカッコいいロックなナンバーですね。人気度もかなり高い楽曲です。
しかしながら、「アレンジ」となると、どうしても「原曲拡張っぽく」なってしまいがちだったので「どうしたものか...」といろいろ考え、まず出たアイディアが「テンポを落とす」でした。
勢いのある楽曲なので、「敢えて逆を狙おう」というところで。ただ、遅くしてもグルーブ感はしっかり残したいなということで、ここはしっかりと調整できたかなと。
ギターはクランチでジャキジャキと。刻むのが苦手だったのですが、もうこういう曲調ならジャキジャキやらんとダメやろっていうことで頑張りました。

●蒼鎌鳴動
続いてボス戦の曲。メインメロディーがない楽曲なので、全体のサウンドをどう持っていくかっていうのがポイントでしたが、結果的にグルーブ感のある楽曲になりました。
中間部分は出来た楽曲から「トラックをばらしてシンセにアサインしてランダムに音を出す」みたいな感じでやってみました。ヒプノティックな感じになって面白いかなと。
後は重低音を楽しんでいただけたら幸いにございます。


と、私からは2曲で参加させていただきましたが「2枚組、全19曲」という物凄いボリュームですし、カッコイイ曲ばかり収められていますので、是非いろんな方に聞いてほしいと願うばかりです。

尚、PixivのBOOTHでは既に通販が開始されておりますので、「早く手にしたい!!」という方はぜひご利用ください → BOOTH 商品ページ


posted by shimtone at 22:56| Comment(0) | イベント

2018年10月24日

RAILDALEの今後

どうも、Tomokiです。

さて、なんか意味深な題を付けてしまいましたが、引退するわけではございませんので予め。
ただ思うところがありまして、書かせていただこうかと。

前サークルのVENUSCORDからRAILDALEという感じでやってきましたが、そのなかではずっと「実験しつつ音楽を作る」というところを主題に置いてきました。
旧名義から含め様々な作品をリリースさせて頂く機会をいただき、そういった中で作品ごとに作風を変えておりました。
その頃は「広く浅く」というか、言い方を変えれば「器用貧乏」みたいな形ではありましたね。

結局の所、RAILDALE=インダストリアル・ロック みたいな図式に落ち着きましたが、正直この路線でまたアルバムが作りたいかというと微妙です。
しかしながら、またニューエイジ的な楽曲に行こうかというのもまた微妙なところです。

なので、「しばらくRAILDALEとしてCD作品は出さない」というところに落ち着きたいと考えました。

もちろん自分の「第一の家」はRAILDALEですので、これからもゲスト参加させていただく際などにはRAILDALEに所属しているという形になりますし、ちょっとした作品群をデジタル販売する際にはRAILDALEの名義を使います。

ただ、しっかりとCD、アルバムを作るというところに今は力を注げられないといったところです。

しかしながら、サブプロジェクトの「螺層紗」や、ともてぃさんとやっている「Brunhild」はこれからも(スローペースですが)精力的に動いていきたいと思っています。

冒頭で書きましたとおり、引退はいたしませんし、全く考えていません。なのでご心配なく。
リリース活動をちょっとお休みしますよ、といったご報告でございました。
posted by shimtone at 22:44| Comment(0) | 日記

M3-2018秋 のお知らせ

10月26日日曜 東京流通センターにて行われますM3-2018秋にて、楽曲作品にて参加をさせていただいておりますのでこちらでお知らせ!

アリスソフトアレンジコンピ「GAMEOVERU」に参加させていただいております。

動画を見てね!!


いやもうなんか凄いメンバーに囲まれて、個人的に「どうしよう...?」って感じだったわけなんですが、お声を頂いたからには頑張ろうと。
そんな気持ちで、「夜が来る!」より2曲アレンジで参加させていただきました。

スペースは コ-28a 指定口座にて。
価格は1部 1500円となっております。

是非是非よろしくですよ!!


ちなみに私は当日仕事でございます(T_T)



posted by shimtone at 20:21| Comment(0) | イベント