2016年04月25日

「Shadows Over」ライナー的な話 その2

はい、続けて「Shadows Over」のライナーです。
今回は曲以外のところを重点的に。

・歌
ボーカルなので歌です。ただメロデスなのでデスボイスです。
今回は「デスボイスなんだけどキレイに収録しよう」ということに重点を置きました。
結果、大体の曲で中低音重視の歌い方になりました。
ただ、感情が高まってる部分などはやや高い声を出したり、「Freyja」という曲では低音から高音に上がるというような小技をやったりしてます。
使ってるマイクはコンデンサーなんですが、次回以降ダイナミックにするかもしれません。

・歌詞
私は大体「全体を日本語で書いてから英語に直し、字数が合わない場合は調整して・・・」というような方法をとっています。かなり辞書とにらめっこです。
やはり日本人ですから日本語で書いたらいいかもって思うんですが、日本語でデスボイスって結構難しいのよこれ。音節的にも英語だと融通がききますしね。
文法的に間違ってるところもありますが、「敢えて」やってるのと、「気付かず」やってるところがあります。ご了承ください・・・。

・作曲
今回の「Shadows Over」に収録された曲は、実は全て昨年の5月にできてました。1年位眠らせてた計算になります。
昨年はともてぃさんが忙しく、シングルとして「Freyja」をリリースするのがやっとでした。
ともてぃさんは今年転職されたので、若干身軽になられて、一気に作業してくれました。
私の作曲方法は特殊で、「あるモードにいるとその曲しか作れない」という人間でして、この収録曲を作った時も「1週間のメロデスモードにいる時に一気に作った曲」ということになります。
「昨年作ったんなら、今年も作って収録曲増やせたんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、私はあるモードを抜けるとそのモードに戻ってくるまでものすごく長い旅をするハメになってしまうんですね。
結局収録曲を増やせず、またメロデスモードに戻ることもなく発売を迎えました。

・ジャケット、ロゴ

今回のジャケットも私が担当です。というか、自然とジャケも作るのが私の担当になってます・・・。
今回は「長野に行った際に撮った、湖の夕焼けの写真を絵画風に加工」して使っています。
加工してるので、説明しないとなんだかわからない写真になってますが、逆に雰囲気が出ていいかなと。

それからロゴは昨年出したシングルの「Freyja」から一新しまして、友人のイラストレーターに依頼して作ってもらったものを使っています。
やっぱりメタルならロゴがないとね。かっこいいロゴに仕上げてもらいました。ちょっとメロデスっぽくないけど


と、今作に関する様々を書かせていただきましたが、要するに「昨年から構想はあったけどここまでずれ込みました」っていうのがこの「Shadows Over」でございます。まぁね、お互い仕事してるので、大目に見てやってください。

それでは、また。
posted by Tomoki at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽制作のお話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178191725

この記事へのトラックバック