2018年11月20日

螺層紗 - 刃蟲 のお話

刃蟲.jpg

リリース前に書きたかったんですが、リリース後になってしまいました。

というわけで、先日行われました「APOLLO 09」にて、螺層紗の初シングル「刃蟲」をリリースさせていただきました。
ちなみにまだ買えます。いつでも買えます。よろしくですよ

こちらからどうぞ


というわけで、ここからはシングルの話をさせていただこうかなと。

制作に入ったのは今月第2週あたりです。結構急ピッチで準備しました。
とりあえず前作「イビツスイレン」の流れのモノを作ろうということで動き出しましたが、如何せんもう1年も経つといろいろ忘れるものですねw
結果前作を聞き返して「おぉ、こんな感じだったか」と、自分で作ったのに何しとんねんみたいな感じで制作に入りました。

今回シングルですが2曲入りです。「刃蟲」がタイトルになってますが、どっちも表題曲みたいな感覚です。

サウンドはもう「デスラッシュでいこう」ということで、結構突っ走った2曲が収録されています。
ただ「前作からちょっとでも成長したところを見せたい(聴かせたい)」みたいな気持ちがあり、音作りからガッチリとやりました。

今回2曲とも「ノーマルボイスの明確なサビがある」という曲になりましたが、前作でもそういう曲があり、またやはり人気というか受けが良かったのでそういった形になりました。
まぁずっとデスで通すっていうのも難しいんですよね。歌えるうちは頑張ろうと思います。

それから歌詞。
螺層紗は一応「デス」をやってますが、基本「人が死なないデスメタル」です。
「それってデスメタルとしてどうなの?」っていうのはあるかと思うんですが、個人的に色々な思いがあって、結果的にそれが螺層紗の歌詞になっています。

一応テーマはありますが、基本的に「様々な事象だったり社会的なことを俯瞰して視えたもの」という感じで書いてます。
「人を殺める業もあれば、もっと見えにくい業もありますね」といった気持ちで。
まぁこの先デスな歌詞を書くこともあるかもしれませんが、その時はその時で。

ということで、アナウンスが遅れましたが、是非聞いていただけると嬉しいです!

posted by shimtone at 23:56| Comment(0) | 音楽制作のお話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: