2016年08月31日

野球の思い出 〜高校編B〜

はい、野球編ラストです。
前回は夏の大会まででしたね。

夏の大会が終わった後、同級生の女子マネージャーが3人入部し、秋の大会を目指すことになります。

その間、私は打撃向上を目標に掲げまして、かなり極端なオープンスタンスにしました。
結果、ボールがよく見え、またバットのでもスムーズになり、打撃成績は格段に向上しました。
もっと早く(中学時代あたりから)こうしておけばよかったとつくづく感じました。

また、練習試合公式戦含めて4試合目でようやく勝つことができました。
その後も負けは多いものの、若干ですが勝てるようにはなりました。

ちなみに私はこの辺りでライトでの先発が増えます。
で、ピッチャーが交代して外野に入った時はセカンドかショートに移るという形に落ち着いてきました。
打順は相変わらず1番。
ただ、以前と違って打てるようになったので、出塁率は上がりました。

そんなこんなで練習試合を重ね、秋の大会を迎えます。
秋の大会は4チームによるリーグ戦を行い、上位チームがトーナメントに出るという仕組みです。

ちなみにリーグ戦は・・・全敗でした。
うち2試合がコールドゲーム・・・。
今思うに、広い球場での練習が足りなかったんじゃないかと思っています。
まぁ、でもほとんど力負けという感じでしたが・・・


さて、そして秋の大会が終わった後に学校で文化祭が行われたわけなんですが、私は店番をやりつつ、空いた時間で体育館のステージの発表を見に行ったのですが・・・
そこでは、先輩方がライヴをしていたのです。
ちなみにライブを見るのは初めてで、物凄く感動してしまいまして。

実は中学の同級生がフォークギターを弾いていたことがあって、それを見て「カッコイイ」と思って、コードを少し教えてもらってたんですね。
ただ中学ではバンド演奏なんていうのはなくて、高校の文化祭で物凄く衝撃を受けたわけです。
「あ、この学校は文化祭でライブができる学校なんだ」みたいな。

そう思ったら、なんだかそっちばかりに気が行ってしまって、1年の冬あたりで部活に行かなくなり、同時に一緒に軽音楽部を立ち上げられるメンバーを探すことになります。

まぁそれはまた別の機会に書きますが、私の野球道はそんな感じでアッサリと幕を閉じました。

もちろん顧問の先生や友人の野球部の親御さんなどから「戻って来なさい」という説得もたくさん受けましたが、私の覚悟は硬かったです。全てバッサリと断って、「俺はバンドマンになるぞ!」っていう気持ちで突っ切っていたような感じでした。

生涯成績とかは全くわかりませんが、とりあえずピッチャー以外のポジションは全て守れたし、それなりに楽しかったです。まぁ、キツイことがだいたいでしたけどw

今野球をやりたいかと言われると正直微妙ですけど、ちょっとやってみたくはありますね。
まぁ流石に昔ほどは動けないでしょうけど、昔より楽しんでやれるかなって気がします。

そんなわけで、

野球の思い出 〜完〜
posted by Tomoki at 22:19| Tomoki etc...

2016年08月10日

野球の思い出 〜高校編A〜

さて、高校編続きです。

夏の大会前に背番号が配られたのですが、私は「2」でした。
初めての練習試合の後に先生が登録したんだと思いますが、まさかまた2を背負うことになるとは・・・
とはいえ、このあたりでは正捕手も決まり、私はセカンド・ショートを軸に、場合によっては外野にもいけるプレイヤーということになっていました。
ちなみに打順は1番に。相変わらず脚は速かったらしいです。

夏の大会が近づいた頃、地元の神奈川新聞で「夏の大会出場校紹介」的な感じでメンバーが紹介されるわけなんですけれども、見出しに「1年生チーム 悲願の1勝へ」みたいに書かれていました(笑)
なんというか、新聞的には「1年生チーム」っていうのが話題性があったんですかね。練習中も読売新聞の方が取材に来たことがありました。

そして、夏の大会の開会式を迎えます。
会場は横浜スタジアム。参加する(約)210校の選手が球場外に集まってます。
私たちはといえば、「おお、横浜高校だ!」とか「うわ、東海大相模だ!」とか、テレビの向こう側のスターを目の当たりにした田舎者みたいな感じになってました。というか、ある意味浮いてたと思う(笑)

ブルペンに待機して、入場の順番を待ちます。
でもここに来て「行進の掛け声を決めてない」という事態になり、急遽、当時あったエロ本の「ピザッツ」を合言葉に「ピザッツ〜! ピザッツ〜!」と行進していました(なぜそうなったかは今もサッパリわからない)。ちなみに全員半笑い。
高野連の皆様、及びテレビを見ていた高校野球ファンの方々、大変申し訳ありませんでした。
後でテレビの録画を見たらみんな謎の笑顔・・・というか、明らかに真剣味に欠ける笑い方をしてました。

あ、そういえばテレビでも「1年生チーム、悲願の1勝を目指します」的なことを言われてました。
なんか別の意味で注目されてたように感じます。

そして、ついに夏の大会を迎えるわけですが・・・
私は「テレビ中継」という、今までになかった謎のプレッシャーに襲われておりました。
私たちは第3試合なので午後試合開始だったのですが、母に作ってもらった昼食が全く喉を通らないほど緊張していました。
代わりに一緒にカバンに入っていた「エネルギー補給ゼリー」みたいなものを2つ胃に入れて試合前の練習をしていました。

前の試合が大分長引き、観客席で待っていると、一人の男性が我々のもとに「インタビューよろしいですか?」と訪ねてきました。
後で分かったのですが、この方はTVKの久保 弘毅アナウンサーで、我々の試合を実況するので話を聞かせていただきたいとのことでした。
「うわ、やっぱりテレビ中継されるんやん」みたいな感じで思っていたのですが、呼ばれたのはキャプテン・副キャプテン・ピッチャー・キャッチャーのみで、私は呼ばれませんでした。ちょっとショック・・・

第2試合もようやく終わり、グラウンドに足を踏み入れたらもう広いのなんの・・・
ちなみにこの時練習試合も含めて3試合目・・・ 色々と初めてで圧倒されました。
「保土ヶ谷で試合ができる」っていうのは嬉しい事なのですが、新チームになってグラウンドで練習したことはなく、「大丈夫かこれ?」っていう感じで練習をしていました。

試合前のシートノックも・・・ なんというか、広さに慣れていない外野陣が散々・・・
私も気のせいかダイアモンド間が物凄く広く感じました。

ただそんなことはよそに試合は始まります。
相手は私立高。確か横須賀の高校だったかな。
高校野球では試合前に応援団のエールの交換というのがあるのですが、相手側はチアダンスもいるし、ブラバンもものすごく豪華でした。
「これが高校野球なんだな」ってグラウンドに立って初めて実感した次第であります。

私は1番セカンドで先発出場します。
でもシートノックが終わったあたりから「テレビ中継」っていうプレッシャーはどこかに行って、そのおかげでお腹が空いて、ベンチでご飯食べてました(奇跡的にその模様はテレビでは写っていませんでした)。

我々はじゃんけんに勝って先攻で試合を進めることになりました。

さて、私は1番バッターなので、1回表にいきなり打順が回ってきます。
球筋は見えていたのですが、中学の頃からの「出塁主義」が抜けず、この時も「フォアボール狙い」でございました。
カウント2-2の5球目、インに来たボールを自信を持って見逃します。
判定は・・・ストライク。見逃し三振。
「え?」という感じでベンチに下がったのですが、あれは今考えたらストライクだと思います。
ちなみに後日、録画していたビデオを見たら、やや外れてはいるものの、ストライクでもおかしくない球でした。
実況・解説の方からは「振って欲しかったですねー」と言われておりました・・・

この試合、守備機会(セカンドゴロ)は3回あったのですが、「エラーはするまい!」という気持ちで、全て体で止めました。
でも綺麗に捌いた後で「今オレ写ってるかな?」なんて思ったりもしてました。

私の第2打席はセカンドゴロ。カウント的に追い込まれ、「三振ははするまい!」とカットにいったわけですが、無常にもコロコロとボールはセカンドへ。
カットの技術がなかったんだ・・・

5回を終わって1-2と、1点ビハインドでグラウンド整備が行われます。
その間内野陣で集まって、「この試合いけんじゃね?」みたいなことを話してました。

しかしその後6回裏だけで11失点してしまい、一気に1-13と追い込まれます。
高校野球ではコールドゲームというルールが有り、5回終了時点で10点差、7回終了時点で7点差開くとコールドゲームが成立、試合終了となってしまいます。

つまり、7回表で最低でも6点取らないといけない状況になりました。
が・・・、そんなことできるはずがなく、あっけなく三者凡退。
ゲームセットとなったわけです。

ちなみに私は第3打席、サード後方へのポテンヒットを打ったわけなんですが、なんとその頃には野球中継は終了していたそうです(泣)
また、球場に応援に来ていた母のもとに、テレビ観戦していた親戚などから「放送終わったんだけど、そっちどうなってる?」といった電話がひっきりなしにかかってきたらしく、母は電話口でずっと実況していたそうです。

ともあれ、高校野球の夏の大会に出られたというのは今でもいい思い出になっています。色んな意味で。
1年生チームということでそこそこに話題にもなりましたし、しかも試合がテレビ中継されたりと、なんだか物凄いことになってましたが、本当にいい思い出です。

そして、我々を支えてくれた先輩マネージャーさんはここで引退となりました。
最後の大会、勝たせてあげたかったですが、コールドゲームという切ない結果に終わってしまったのがとても悔やまれました。

その先輩は試合後に読売新聞の取材を受け、翌日写真付きで記事になったのですが、アーカイブとかあったら欲しいです。問い合わせたらいいのかな?


次回「野球の思い出」はラストです。
posted by Tomoki at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Tomoki etc...

2016年08月02日

野球の思い出 〜高校編@〜

ということで、続いてまいりました「野球の思い出」。ラスト高校編です。

いやまぁ、その前にですね、色々とカッコイイことを話させていただきますと、中学時代に県大会に出場したので、県内のそこそこの野球実力校数校からスカウトが来てました。
「野球やるなら推薦で入ってくれていいですよ」的な感じですね。

で、進路について三者面談がありました。
あ、中学編で書き忘れましたが、3年時の担任は野球部の顧問の先生でした。

その席で・・・
担任「Tomoki、高校では野球はやるのか?やるなら推薦出すぞ」
ということで。

私はもうこの時はきっぱり決めていました。

「高校では野球をやりません!」

そう担任に告げ、高校に進学します。


なんかもう、野球は中学でやりきった感があったんですね。
凄く良いチームでしたし、感無量っていう感じで。


じゃあなぜ「野球の思い出 〜高校編〜」とか書いてるかってことになるんですけどね。


実は進学した学校は部活動は自由参加で、勿論帰宅部もOKという感じでございました。
ただ、同じ中学から野球をやりに同じ高校へ進学した仲間が数名いました。
そいつら曰く「この高校には野球部はあるけど、人数がいなくてほぼ休部状態らしい。みんなで押しかけて、1年からレギュラーになろうぜ」ということで。
そこでは全く心を動かされなかったんですが、高校に入学して数日後に開かれた部活説明会の時に、3年生の女子マネージャーさんが1人、マイクを持って「今、野球部には私しかいないんです。皆さん野球部に入ってください」って言ったのです。

聞いてた話と違います。休部状態っていうよりもう同好会みたいな、というか部として成り立ってるのかどうかもわからない状態でした。

「これ、アカンな・・・」という感じで思ってしまったわけです。


そんなわけで、野球をやらないつもりで進学しましたが、結局野球をやることになりました。

幸いなことに、私を含めて1年生が19人入部届を出しました。なんとか、人数は(形の上では)確保できたことになります。

ただまぁ、なんか上から目線になってしまって申し訳ないんですが、中学の頃の練習や活気に比べてヌルいのなんの。
同じ中学から進んだ奴がどれだけ頼もしく見えたか。
数人、高校から野球を始めたっていう人間もいましたし、他の学校から来た奴もそんなにうまくない・・・。
「大丈夫なん?これ・・・」という感じで。

しかしながら、入ったからには全力で。
1年生だけで19人ですが、どこかしらのレギュラーを取りに行かないといけないわけですからね。しかも4月に入学して夏には甲子園の予選となる県大会が待ってるわけで、かなり急ピッチで練習していきました。

しかし軟球から硬球に変わるというのは、物凄く大きなことでした。
今までの投げ方や持ち方では到底投げられませんでした。
堅いし痛いし・・・「硬球やべぇ・・・」みたいな感じではありました。

ちなみに初めての練習試合、私はキャッチャーで先発するんですが、小学生編の時みたいにパスボールばかり。
いや、硬球怖い・・・。防具つけてても痛いし。

そんなわけで、その次の練習試合ではセカンド・ショート・外野など、幅広く守る奴っていう感じになりました。

で、その間に夏の大会の組み合わせ抽選があったわけなんです。
クジを引きに行ったキャプテン(もちろん1年生)が、帰ってきてから「ヤバイ、ヤバイ・・・」と繰り返してました。
初戦の試合会場が、保土ヶ谷球場だったんです。

神奈川の高校野球ファンの方ならもうこの時点でお察しのことと思いますが、簡潔に説明させていただくと、「TVK(テレビ神奈川)のテレビ中継が行われる試合会場」を引き当ててしまったということでございます。
ちなみにこの頃、神奈川の高校野球は12会場くらいで行われていたのですが、テレビ中継されるのは保土ヶ谷球場の試合(勝ち進んで横浜スタジアムの試合のみになるとそちらの中継になります)。
まさか12分の1を引き当てるといううちの主将の引きにドン引きした瞬間でした。

初めての夏の大会で、1年生チームで、保土ヶ谷球場(テレビ中継)・・・
えらいことになったなと感じた次第です。


そんなわけで続きます。
posted by Tomoki at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Tomoki etc...